読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨後の

主に備忘録の予定.

第16回図書館総合展

経験したことを文字に起こしておかないとやっぱり忘れていく。ということで,記憶に新しいはずの部分から書き起こして遺していきたい。

 

11/7,図書館総合展に参加してきました。気楽な一般参加。6日の晩から会場付近入り。

 

やっぱり行ってよかったなというのが全体的な感想でした。今現在のルーチンや資産管理やそういうことから離れて,この先や俯瞰的な光景を見ることができたのが一番大きかった。機関でそういう大きなビジョンを持てるところはともかく,そうでない場合,自分でもがいて手がかりを掴もうとしても,不甲斐なく日常に埋没してしまうことは多い。でも実はこの先どうしようとか,どんなことができるかとか,いろんなことを考えて取り組もうとしている人は,全国にはたくさんいるんだということに,こういう場で気づかされる。

 

それと,一般参加で行くのは多分初めてだったけれど,これもよかった。これまでは主催者側でブースもろくにまわれなかった(ブースの意味もあまりわかっていなかったように思う)のが今回はお邪魔することができた。

もちろん,主催の楽しさ,しんどさは,それはそれで格別であるけれども。

 

 

 ブース

現在の所掌業務は,主に資産面での図書管理(要は実査の実行部隊)と派生的に物理的な資料の保存修復。そんなわけで,蔵書点検,資料保存,脱酸処理の業者さんなどを回り,いろいろ教えていただく。それと,お世話になっているところ数社。

特に紙資料は状態のひどいものは本当に酷くて,とりあえずの効果的な療法に脱酸処理というのがあるのだから,それをやらない手はないと業者さんに諭された。それはそうだ。待ったなしの状態。どうするか。。。

とにかく物理的に実体のあるものは経年によって劣化する。知識を増やしつつ,しかるべき手立てを講じることができるように… あとはお金のとりかた…

 

キハラさんのブースは面白かった。ブース自体が囲ってあって博物館のギャラリーのようになっているのも,入る人をわくわくさせた。中には昔の図書館用品の展示。NDL関西館で2年前に行われた展示,関西の図書館100年、関西館の10年|国立国会図書館―National Diet Library*1を思い出した。

 

夕方にお邪魔したのがシャンティ国際ボランティア会さんその他。ゴールドのお花ピアスをゲット。軽くて華やかでかわいいです*2

 

ブースや会の後の宴会で,久しぶりにお会いできた方,初めてお目にかかりますがSNSやらその他でお名前はかねがね,またゆっくりぜひお話しましょう,なステキ女子なみなさま,以前にお会いしたのを覚えていて声をかけてくださった方,がたくさん。7日のうちに帰阪したため,宴会も一瞬しかいられなかったのは残念至極。

 

また少しずつ人のつながりも増やしていきたい。一緒にいろんなことを考えることができる人たちとつながっていきたい。沈没していてもしかたない。

 

そんな1日でした。

 

フォーラムについては次回。

 

 

 

*1:たしかこの時にも図書館用品が一部紹介されていた

*2:総合展の後にもFBで盛り上がりを見せたピアス♪シャンティさんのお買いものは↓↓

フェアトレードショップ「クラフトエイド」