雨後の

主に備忘録の予定.

『学生を戦地へ送るには』佐藤優


図書館で借りていたのをようやく読んだ。

毎日新聞の書評にあったのがきっかけ。


著者による,田辺元の『歴史的現実』を参加者と読んだ合宿の記録。

といっても,著者が一方的にテキストを解説するもので,批判的に読み合うものではない。

著者によると,怪しげなレトリックを含むイデオロギーに簡単に騙されないための思想的ワクチンが,今こそ必要であり,そのために『歴史的現実』がテキストとして相応しいという。


浅学にして田辺元の位置付けも著者の佐藤優のことも知らずに読んだ。

ので,著者の田辺に対する評価が適切なのかはわからない。

即ち,私の読み方は著者の意図には沿っていないと思われる。


本書には,テキスト原文と,著者の講義の話し言葉がそのまま,交互に出てくる。

田辺の原文は錆びた私の頭には入ってくるようで全く入って来ず,読み進めるのに苦労した。


著者は,テキストの主張が最終的に「よく生きるためには,よく死ぬことだ,死をもって死を超越し,かつ国家を良い方向に導くものになれ」と結論づけており,そのレトリックに導かれて多くの若者が喜んで死に向かっていった,という。


最後まで読んで,

『歴史的現実』の主眼は,「死をもって死を超越しろ」という部分よりも,もう少し手前の,大東亜共栄圏の「建設」のためのイデオロギーなのではないかという気がした。

「種族」の中にとどまらず,「人類」としての役割を果たせるのは君たちエリート層であり,その役割のひとつは即ち現在の「国家」を超える上の枠組みとしての「盟協体」=大東亜共栄圏の「建設」にある。という呼びかけ。

それはやはり聞くものに魅力的に響いたのではないか。


(ちなみに「」内の単語は田辺のテキストによるが,見慣れた単語のように見えて独自?の概念を伴っており,そのことを頭に留めておかないとまたややこしいことになる。

上述の文章もだいぶ概念を端折っていて厳密には正確ではない)


勿論,具体的に取るべき行為が最終的に「死ぬことで死を超越するその行為こそがあるべき道を実現する」との理屈に引っ張られることには違いないのだろうけど,その前に膨大なわりと緻密なイデオロギーがあるからこそ引き込まれるのだろう。


なお本書のもとになった合宿では,『歴史的現実』が1939年に京大で行われた講義の翌年の出版であることと並べて,1943年の国策映画『敵機空襲』に描かれた庶民のまだのんびりした状況を紹介している。この点,文春オンラインの本書への評は,納得がいった。

http://bunshun.jp/articles/-/4221?page=1


正直,田辺の哲学史における位置付けや時代背景,田辺自身の他のテキスト,『歴史的現実』に対する様々な評価,を読まずにこの本だけ読んでも何も言えないのだけど。

一応苦労して読んだので記録。


なおこの「合宿」は「あの戦争と国家」と題して行われており,田辺元のテキストと『敵機空襲』の他に,柄谷行人の『帝国の構造』から「第7章 亜周辺としての日本」を扱っている。本書は合宿の全記録なので,この部分も含まれている。この部分はある意味私にはわかりやすかった。


本書のタイトルから,田辺元を読み解くものと思っていたが(勿論そこが最重要視されてはいる)もう少し柄谷氏のテキスト部分のボリュームがあると全体構造が明確になる気はした。






衛生管理者の試験を受けました

ひょんなことから職場持ちで衛生管理者の試験を受けることになり,受けてきました。

 

受験資格(第一種衛生管理者・第二種衛生管理者)

 

常時50人以上の事業場は必ず衛生管理者を置かなければならないため,職員に資格を取らせる仕組みがあるようですね。

図書館は第2種でOKということで第2種で受験。

職場から基礎知識まとめみたいな,重要語句を赤シートで隠せるテキストを1冊借りました。

 

第2種は第1種よりも範囲が狭い(有害業務を含まない),全問題は30問,とはいえ,

範囲が広い。

関係法令,労働衛生,労働生理に関して各10問,マークシート方式。

テキストを眺めるだけでは全く頭に入ってこないので,とにかく過去問をやりました。

 

オフィシャルサイト?である安全衛生技術試験協会のサイトにも過去問は過去2回分ほど載っているのですが,あらかじめ回答の選択肢に〇がついており,ちょっとやりにくい。

 

私は数年分の問題が掲載されていたこちらを活用させていただきました。

 

www.eiseikanrisya.net

問題を解きつつ,テキストの該当箇所を読んで書き出す,という形。

 

受験後に見た別の過去問掲載サイト。こちらは解説が詳しいです。

www.1eisei.com

 

労働衛生の救急救命処置のところ(特にAEDまわり)は,数年前に職場で受講した普通救命講習を思い出しました。

労働生理は,生物の受験勉強の復習のよう。酵素やホルモンの種類と働きなど忘れてましたが。。

関係法令に苦戦。試験の終わった今でも頭に入っている自信はありませんが,参照してわかるものは覚えなくてもええやんと開き直り。

 

とりあえず過去3年分くらい解いて,毎年割と似たような問題が多いのかなと安心していたら,当日試験問題は同じジャンルだけど角度の違うところからの出題だったりして。

 

受験会場が遠かった。。

加古川からさらにバス(または加古川線2駅)という場所でした。まる1日使いました。

 

合格発表は1週間後(まだ),その後資格免許申請が必要だそうです。

 

久しぶりに「受験勉強」のようなものをやりました。

その日が終わるまでやはり何かと落ち着かないものですね。

 

 -----

追記:

合格しました。

これから免許申請。

衛生管理者は有効期限がないので一度取ったらOKだそうです。

2017振り返りと2018

2017年は育休と職場復帰,で,新しい生活リズムになった年だった。

職場は1時間の時短で,しかしそれ以外にも休みまくった。

甘いものをやたら食べた。こんなに甘いもの好きだったかなというくらい。職場にも折々にケーキを。体重は増えていないけど体脂肪は増えてそう。

体重が増えなかったのは,夕食と就寝の時間が早くなったからか,実は意外と3食が食べられていないのか,は,不明。

楽器は前年の終わりから復帰していたので,2017は引き続きぼちぼち。

 

インプットもアウトプットも激減。そんな中でじたばた。

SNSの時間を減らすべきと思いつつ,つい手が出てしまう。ふとした息抜きにiPadやら触っていたら,当然のように子どもが触りたがり,しょっちゅうSiriを立ち上げたりパスワードをめちゃくちゃに入れて「使えません」と言われたりしている。

 

そんな状況でも,これまでのお仕事の関係で声をかけてくれる人がいたり,いろんな興味のあるトピックを拾って浅く浅く斜め読みしたり,そういう時間が取れるということだけでも仕事復帰してよかったとおもう。たとえ保育園でもらってくる息子の風邪を漏れなく拾って咳をしまくる1年であったとしても。。

 

2018年は,調べものをするとか,ちゃんと数冊は通して本を読むとか,まずはそれくらいを目標にしていく予定です。

 

仕事に着ていく服が明度も彩度も落ちまくって,見事なほど,黒,こげ茶,チャコールグレー,紺,というありさまだったので,2018年は意識して明るい色を着ようと思う*1。 

 

*1:うちの係はほぼ全員女性だけれど,皆さんほぼモノトーンか寒色系で寂しいことに気づいた。ので,なるべく明るい色を混ぜていきたい。

続きを読む